kpopの女性アイドルに関する情報や記事のブログ

2017年を振り返って「コンセプト」

2017年も今月で終わりなので、今年個人的に印象に残ったことを振り返ってみたいと思います。
第1回は「コンセプト
アイドルにはコンセプトがある。
セクシードルも、制服ドルも、チラリも清純もすべてコンセプト。
メンボの性格や特徴と近い場合もあるが、そこにメンボ個々のリアルは必要ない。
事務所はコンセプトを決め、商品として売り出す。
ドルはコンセプトに沿って、芸能活動を行う。
それがアイドルビジネスである。
プロレスラーがギミック(演出上の仕掛け)を、おおやけに語らないのと一緒で、アイドルがコンセプトを口にすることはない。
「私たちは妖精ドルですけど、それはあくまでもコンセプトです。アパレルブランドとの契約があるので今年一杯は妖精コンセプトでいくとチーフマネージャーが言ってました。」とわざわざ言うドルはいない。
それで今年この「コンセプト」という言葉を、あえて口にしたのがソヒョンだった。
今年1月にソヒョンはソロアルバムをリリースした。
ソヒョンはそのソロアルバムに関する記事の中でこう言っている
「少女時代として活動してきた9年間はプロの皆さんに全部お任せしていた。メンバー全員が意見を出したら、とんでもない方向へ行ってしまうので、気に入らなくても多数の意見に従った」
「でも、今回は結果がどうなろうと、自分がしたいことをしようと思った。最初は事務所に反対されていた。私が少女みたいなイメージなので、ギターを弾きながら少女のようなコンセプトはどうかと聞かれた」
「私ももう20代半ばだし、少女のようなコンセプトもたくさんやってきた。それで今回はこれまで見せたことのない姿をお見せしたかった。私の中の姿を見せ共有したかった」
-少女時代 ソヒョン、ソロデビューの裏話を明かす「“セクシー”コンセプトは事務所から反対されていた」
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2061417

「事務所が、作詞選考の基準がとても厳しくて、少女時代とテティソの活動時に提出した作詞の90%が選ばれなかった」
「10年間活動してきたが、(少女時代の)メンバーも多く、コンセプトにも従わなければならない面があって、個人的には残念に思うこともあった」
「今回のアルバムでは、一から十まですべてのことに参加して意見を出したので、やりがいを感じる」
-ソロデビューした少女時代 ソヒョン、「私の感性を100%お見せしたい」
http://jp.mnet.com/news/newsdetail.m?searchNewsVO.news_id=sseoul_21544

こういう思い切った発言は、プロレスではよくある。
プロレスの場合、プロモーションやストーリー上の演出としてこういう仕掛けをするのだが、ソヒョンの場合、その後SMエンタを辞めてますし、まあ本音だったんだろうなあと。
純粋で真面目なソヒョンならではかと。
そんで、そのいわゆるコンセプトを設定する側のSMエンタが、今年ソシを2年ぶりにカムバさせるも、嫌がらせか!ってぐらい合わないコンセプトで女王ソシが無残に散ってしまうのは、また別の回で。
seohyun120801.jpg
ソヒョンはガチ!