kpopの女性アイドルに関する情報や記事のブログ

2NE1 -HATE YOUの日本語が強烈


2NE1 – HATE YOU (Japanese Ver.)
わー これは・・・。
韓国語で書いた歌詞を直訳したら、こんな歌詞になるかもしれないが
すごいなーこの歌詞。
歌詞って、その国の言語文化や世相や流行を、色濃く反映するものだと思うから
日本人がJPOPで、ダンスミュージックを作ったら
こういう歌詞は生まれないと思う。
もちょっと韻を踏んだり、表現を変えたり、言葉が変わる。なので、これはある意味斬新。
昔、王様っていう人が、英語の有名な曲を直訳して、面白い歌詞の曲にして
結構話題になった気がするけど、日本語の感覚としては、そんな感じ。
要するに、言葉の意味を忠実に訳すあまり、
言い回しが、日本人からしたら、ものすごく違和感を感じてしまうわけだと思うんです。
王様はそこを、面白さという切り口で話題にしたけど、
今回のこれはなー・・・どうなんだろうなー。インパクトはあるけどw
若い人向けには、直球でいいのかなー。んー。
まあ感じ方は、人それぞれだからね。
ただ、この流れで興味深いのが
今後もKポの人らは、日本で邦楽として、CDを流通に乗せる為、
日本語化して、曲を売り出すと思うのです。
ということは、日本の歌の歴史に、
直訳された不思議な日本語の歌という「日本語Kポ史」というのが
新たに加わるわけです。
韓国語歌詞のリズムの良さと日本語を組み合わせた
変わった日本語歌詞が生まれたら、これはこれで面白いのかも。
バカをパボにするだけでも、違うと思うけどw
*追記
外国語を日本語にする作業ってのは、ほんと難しいと思う。
日本人がカントやプラトンの西洋哲学を理解するのに時間がかかったのは、
最初にそれらが日本に来た時に、当時の翻訳者が正しく翻訳できず、
誤訳を含む非常に難解な訳をしたので
それを元に学ぼうとした日本人には、なおさら理解が難しかったって話も聞く。
韓国の言語文化や思想や流行、同じく日本のそれに精通した人が
歌詞書けるといいのかも。
韓国と日本だったら、そういうのに精通した人結構いそうだけど…。

コメント (2)
  1. あき より:

    それはYGEX を批判してるってことですか?

  2. すじぺん より:

    > あきさん
    YGEXとは、YGとAVEXが共同で作った事務所ですか? 全く批判していません。
    むしろ強烈なインパクトを受けてます。
    多数のKポップグループが日本進出する中で
    なかなか話題にならないグループもあると思いますが
    こうやって、僕のような2NE1の事を普段ブログに取り上げないのが
    あえて書くぐらいですから、これもプロモーションの成果としては成果なんじゃないでしょうか?
    ただ、個人的にその直球な日本語が斬新すぎると思ったまでです。悪しからず。