kpopの女性アイドルに関する情報や記事のブログ

GFRIENDの日本活動開始でヨジャ四天王のこれから

ヨジャKポ第三世代の四天王といえば、TWICEレドベルブラックピンクヨチンですが、今年この4グループがそれぞれ日本で活動を行います。
TWICEとブラックピンクは昨年から活動を行い、レドベルとヨチンは今年2018年から。
そんでヨチンの日本活動が始まりましたので四天王の現状を書いてみました。

まずはTWICEから。
TWICEはすでに日本デビューをしていて、ご存じのように本国でも日本でも壮絶にスーパー大ブレイク中。
現在ワールドツアーを開始しております。5月18日~20日まで本国で3日間の「TWICELAND ZONE2:Fantasy Park」を開催し、そのまぶしい写真が連日上がっておりましたが、今度は日本に場所を移して今週末と来週末は「TWICE 2ND TOUR ”TWICELAND ZONE 2 : Fantasy Park” IN JAPAN」でアリーナ4公演となっております。

GFRIENDの日本活動開始でヨジャ四天王のこれから
ワイモバ学園のCMは早くも第4弾「カラフル野球部」篇

続いてブラックピンク。
ブラックピンクも日本デビューしてて、成功しているらしい。
「-らしい」というのは世代の壁があり、おじさんのとこにはブラックピンクの活躍の情報はあまり入ってこないので。
ただ「BLACKPINK ARENA TOUR 2018」で今夏にアリーナ7公演するぐらいですから、かなりうまくいってるんでしょう。
女性アイドルのアリーナ単独7公演ってすごいです、相当人気ないと埋まりません。

GFRIENDの日本活動開始でヨジャ四天王のこれから
アジアに舞い降りた「次世代ガールクラッシュ」グループと呼ばれるだけあり、若い子に人気らしい

そんでレドベルは明日5月25日から「Red Velvet Hall Tour 2018 in JAPAN “Red Room”」を2週間8公演を行い、その後7月4日に日本ミニアルバム「# Cookie Jar」を発売。
まあここはSMエンタだしなんの心配もありません。売れるでしょう。

GFRIENDの日本活動開始でヨジャ四天王のこれから

ミニアルバムの収録曲は
01.#Cookie Jar
02.Aitai-tai
03.‘Cause it’s you
04.Dumb Dumb(日本語カバー)
05.Russian Roulette(日本語カバー)
06.Red Flavor(日本語カバー)
となっております。
いきなり日本オリジナル曲を出すとこあたり、さすが大手事務所です。
2曲目なんて「あいたいたい」です。歌詞が全編博多弁だったら攻めの姿勢がすごかたい。まあそんなことないでしょうけど。
リリイベとしては、7月22日にポストカードお渡し会が予定されているようです。

そして事務所規模の越えられない壁がありヨチン。

GFRIENDの日本活動開始でヨジャ四天王のこれから
超えられない壁
(といってもこの壁は「壁抜け」というウル技で超えられちゃうんですが)

ヨチンが今週から日本活動を開始しております。

GFRIENDの日本活動開始でヨジャ四天王のこれから
「清純さと躍動感を兼ね備えた、韓国のスーパーガールズグループ、ついに日本デビュー!」

TWICE、レドベル、ブラックピンクは、まあ日本で確実に稼ぐし、アリーナクラスの10000人を超える会場を一杯にできるし、ドーム単独だって事務所がやる気になれば可能性としては大いにあると思いますが、この3グループとは異なり事務所が圧倒的に小規模のヨチンがどこまで活躍できるのか?気になるところです。

またグループのカラーも大手事務所のキラキラした感じとは異なり、Kポップのクラシックなスタイルで、どちらかというと武骨なアスリート感で勝負するグループだと思うので、そのヨチンに対して日本でどういうブームが起きるか楽しみです。
Kポップ自体の追い風は確実に吹いているでしょうから。
まあサクセスストーリーの理想はKARAなんでしょうけど、さすがにあれほど日本人に愛されるグループはもう出てこない気もしますが…どうなるでしょう。

なお、ヨチンが今夏に開催する「GFRIEND SUMMER LIVE IN JAPAN 2018」は現在大阪、東京の2公演となっております。
会場の規模が大阪のなんばHatchのキャパが1500人、東京の豊洲PITのキャパが3000人です。これがこの後の日本活動を通して最終的にどのくらいのキャパの会場でコンサートツアーを行うようになるのでしょうか。

もちろんそれはグループの人気もさることながら、事務所としてコンサートの「興行運営能力←これ大いに大事」が試されるでしょうから、ヨチン陣営にとってはややハードルが高そうな。
いずれにせよ楽しみです。