kpopの女性アイドルに関する情報や記事のブログ

ガオンのデジタルチャートの不正が話題の件

第16週のガオンのデジタルチャートですが、しばらく1位が続くと思ったTWICEが1週天下で2位脱落。
ソロ歌手Niloの「Pass by」が1位となりました。

ガオンのデジタルチャートの不正が話題の件

そんで今半島で話題になっているのが、このNiloの1位はおかしいんじゃないか?音源買占めしてんんじゃないか?という疑惑です。
これに対してNiloさん側は「不正はない。売上操作してない」と、疑惑を否定しております。
所属事務所の「Limezエンターテインメント」がバイラル(口コミ)マーケティングの会社なので、「SNSを通じたマーケティングがうまくいっているから」と説明しているそうで。
まあ費用をかけてなにかしらのチャート攻略はやっているんでしょう。
それが正攻法のやり方なのか?禁止事項なのか?はわかりませんが。

そしたらどうもその後の半島メディアの取材によると、中国には1億ウォン(約1000万円)払うと、1万個のIDで好きな音源のストリーミング数を増やし、チャートのランキングを上げる業者がいるようで。
まあいるでしょうね。
SNSのフォロワー数や「いいね」を増やす業者みたいなもんでしょう。

音楽配信サイトのMelOnはそういう人為的な不正に対して、チャートに反映させない対策があると言っていますが、業者側はこういう縛りも攻略してくるでしょうから不正対策はイタチごっこで難しいものです。
今回たまたま目立ちすぎてチャートの不正操作が話題になっていますが、これまでも「プロモーション」という名目でのチャート攻略の小さい不正はあったと思いますし。
デジタルチャートが一番現状の大衆支持がわかりやすいと思い今年からKpopトレンドの参考にしてるんですが、あちらの国はこういうネット操作は結構ガチでやってくるんで、怖ええもんです。

日本でも同じように、そういうネット操作の業者はいるでしょうから、
SNSで「きゃーあのドルいいわー」と推しまくりの熱烈ファンも、「レイバンのサングラスが安いわー」の人も実は業者だったりするかもしれません。
レイバンのサングラス安いは、あれ業者か。最近はオークリーのサングラス安い業者もいて色々あれです。

ガオンのデジタルチャートの不正が話題の件

不正もまるっとお見通し