kpopの女性アイドルに関する情報や記事のブログ

昭和と白いワンピースとアイユと @Story Show 100920


ネオン?ライト?バンドの生演奏含め、すごく昭和っぽさを感じるステージです。
トロットの女王ヒョンミ姐さんと一緒に出演しております。
この昭和っぽさと白いワンピのアイユが絶妙に合うんです。
高校時代の清原&桑田も知らない平成生まれのアイユなんですが、
このレトロな感じのステージにまったく違和感なく溶け込んでる姿に
アイドルとしての生まれ持った天性の才能を感じてしまうわけなんです。
と 知ったような口をきいてますが、要するに
アイユのステップが、かわいいということです(・∀・)♥
(そればっかり)

Let me be thereを歌うヒョンミ姐さんとアイユ。
しつこいぐらいステップの話で恐縮なんですが、こちらは姐さんとステップ揃えてくるんですわ。
さびのLet me be thereの部分で、もう一歩右にステップするんです。
ほのぼのしていいんですが
ヒョンミ姐さんが途中でステップを(勝手に)戻すんです。←想定外
最初それで息が合わずにぶつかりそうになるんですが間一髪セーフ。
2回目のさびの部分でも、ヒョンミ姐さんがステップを先に、前のに戻してしまうので、
アイユとぶつかっちゃうんですけど (2:10頃)
こういうの結構好きなんですよ~(^^)
最初ぶつかった時、アイユがちらっと横目で見て
姐さんから何の合図もないのを感じて、
その後再度ぶつかっちゃってから、アイユも悟ってすぐにステップを前のに戻す!
ほんわかした雰囲気の中での、さりげない予定不調和な1コマがいい。
なお白いワンピースといえば話題のこちらもそうですね。(もっと純白)

A PINK – I Don’t Know
ブースターの時、ちょっと口元が緩んでしまうのは僕だけじゃないはず(>_<)
んでもって今回の話をまとめますと、
懐かしさと白いワンピースってなんか素敵ねっつう話です(^^)