2017/12/12

2017年を振り返って「レドベルの猛追」

今年個人的に印象に残ったことを振り返っております。

第3回は「レドベルの猛追

半島のガールズアイドルの主役は常にSMエンタからうまれた。
第一次ブームのS.E.S.、第二次ブームの少女時代。
もちろん他事務所のグループがトップに立つこともあったが、それは振り返るとあくまでも瞬間的な出来事で、長くは続かなかった。

そして現在の第三次ブーム。その主役はJYPのTWICE
初めてSMエンタが主役の座を失ったトレンドとなった。

ただこれはSMエンタにとっては、大した出来事ではないという見方もある。
細かくは書かないが、SMエンタは他の事務所と考えているビジネス展開や手法が異なる。
今のSMエンタにとって国内のガールズグループの順列は、それほど需要ではないのである…とはならなかったようで、今年TWICEの一人勝ちの牙城をけっこう本気で崩しにいく。
その打倒TWICEのため、超ハードワークとなったのがRed Velvet
「青」のイメージがあるTWICEに対して、「深紅」の波でガールズ界を紅く染め直さんばかりの猛追となった。

レドベルはこれまでのマイペースな活動から一転、積極的な活動になる。
2月に「ROOKIE」、7月「Red Flavor」、11月「Peek-A-Boo」と年3回のカムバを行い、その間もSM「STATION」での曲の発表や、ライブ活動、日本デビューの準備を行っていく。

この間レドベルは常にアイリンを中心にステージを構成した。
頑張り屋のアイリンはその期待に応える。
この活動が功を奏して、アイリンは国内のガールズグループの個人ブランド調査でたびたび1位になり、アイドル界の顔となった。
今年はアイリンにとって飛躍の一年だったのはもちろん、レドベルにとっても非常に充実した一年になったのではないだろうか。
また隠し玉として、レドベルには現在半島で最もかわいいイェリがいるが(諸説あり)、あの事務所は強い個性の子をうまく飼い慣らすのがまあ苦手な事務所で、そのトラウマが(以下略)

それでどれだけTWICEとの差を詰められたのか?それはまた別の回で。

ちなみにアイリンは、SMエンタではソヒョンと同じ91年生まれ。
「もう少女コンセプトは勘弁してくれ」と言っているソヒョンと同い年である。
アイリンは、ずーっとかわいいコンセプト。ステージではハニカミまくりで、そのうえ超ハードスケジュールときている。
たまに笑顔が引きつりそうになったこともあるだろう。
そういうのも文句を言わずに走り続けたアイリンには、当ブログから、なにかアワード「正直しんどかったと思うけどよく頑張ったで賞2017」をお送りします。
その代わりに、来年の単独コンサートのチケットください(なんでやねん)

irene121201.jpg

アイリンは空も飛ぶ
関連記事