2017/12/02

アイユのすごいとこ

いろいろあるんだけど、そこいらのドルと大きく違うのが、ペンに非常にフレンドリーなとこ。
それは決して、アイユ推しだからひいき目にみてるんじゃないっす。

アイドルって様々な要素を求められる職業で、もちろん歌のプロでもダンスのプロでもあるんだけど、タレント性とコミュニケーション能力も求められて、そのうえ見た目はもちろん大事で、さらに演技ができるとなお良しとか、バラエティもできると仕事の幅が増えるとか、クライアント受けは良くて当然とか、いろいろ超ハイスキル業界なんですが、そんな全部が全部できる人なんて、そうはおりません。

特にかわいい子が苦手にするのがコミュニケーション能力の部分で、以前エーピンのナウンちゃんがカムバで番組のコーナーにメンバー全員で出演した際、番組中一言もしゃべらなかったことありました。(あそこは、ウンジとボミがしゃべるからというのもありますが)

そんでいわゆる引っ込み思案な子は、まあまあアイドルとして苦戦しがちで、コアなペンには「あそこがすごい」「ここがすごい」ともちろん評価されるんですが、人気が広がりづらい部分があります。
難しいとこです。

iu120201.jpg

アイユは、まったくそういうのがないです。
自分からペンに近寄ってきます。
そんで、主要なペンをちゃんと覚えてるという強者です。
しかもペンいじりもできる。
数年前日本活動したときのペンも覚えてるらしいですから、ただただすごいです。

iu120202.jpg

アイユのファンカムは見ていて幸せな気分になれます。
このペンとの距離の近さを自由にさせる事務所もすごいです。
こういう性格はペンとの関係性だけではなく、業界内での交友関係の広がりにも大きく影響していることでしょう。

iu120203.jpg

アイユが高1の夏にテレビ番組で東京ディズニーランドに来た時、電車の中で日本人に「私は韓国のあいゆーです」と話しかけて、「えっ俳優さん?!」と勘違いされるエピソードがありますが、基本積極的なのは間違いないと思います。
関連記事