2017/11/12

TWICEを考える週末(後編)「TWICEはクオリティで売ってない」

昨日の前編でやや大きく風呂敷を広げてしまい、後悔しておりますが、
本日の後編で、きっちり風呂敷に収めていきたいと思います。

TWICEが売れた要因として考えられることは

【1】オーディション番組「SIXTEEN」があった
【2】ブラックアイド・ピルスンの楽曲が良かった
【3】SNSに強い
【4】見た目のレベルが高い
【5】チアコンセプトが良かった
【6】タイミングが良かった
【7】台湾人が1人日本人が3人いる

などがあげられますが、一つずつみてみたいと思います。

【1】オーディション番組「SIXTEEN」があった
まず「SIXTEEN」はMnetの番組なんで、ケーブルテレビです。
そんでこれが爆発的にヒットした!と言いたいところですが、この番組の視聴率は0.5%台なんで、番組自体はそれほどみられていなかったようです。
以前Mnetで人気だったオーディション番組「スーパースターK」が平均視聴率5%、最高7.4%なんで、比べると全然です。

ただこの「SIXTEEN」最終的に7人選んだ後に、落選したツウィとモモを、パクチニョンが独断で復活当選させて9人確定!という、いかにも炎上しそうな最終回を迎えております。
この最終回が話題となり、その後動画なり活字なりで、番組が後追いで広まった影響もあるでしょう。(炎上も含めて、話題作りでしょう。と素直に思えないのが、Kポ。戦略かどうかは不明。)

あと番組や話題性とは別のポイントとして、1人1人がデビュー前に個人で戦ったことで各自の個の強さ、個性の多様性がグループのアイデンティティになったというのは、とても大きいです。


【2】ブラックアイド・ピルスンの楽曲が良かった
アイドルの楽曲なんで、大衆性と独自性のバランスをどこでとるのか?っていう、バランス感覚が求められますが、そこが秀逸だったんでしょう。
他との差別化を意識するあまり、楽曲に独自性を出し過ぎて、勝手に先の見えないトンネルに入ってしまうグループがいますが、あれKのヨジャだといまんとこ自滅パターンです。エッジ攻めてるんですけどねえ。


【3】SNSに強い
フォロワーがインスタ340万人、フェイスブック170万人、Twitter YouTube110万人らしいんですけど、数字だけなら、SM勢も相当強そうですが、どうなんでしょう。
SNSの質や取り組み方まではわかんないっす。
比べてみようと、たまたまソニのインスタみたら、ソニばっかり写ってて(そりゃそうだろ)びっくりしました。


【4】見た目のレベルが高い
【5】チアコンセプトが良かった
【6】タイミングが良かった


全部その通りだと思います。流行りモノなんでトレンド大事ですよね。


【7】台湾人が1人日本人が3人いる
最後になりますが、ここ大きいとみてます。
9人のうち外人4人ですが、明らかに多いですよね。
なおかつ、その4人が非常にレベルの高いドルの原石だとしたら、そりゃ人気でるでしょ。ここはスカウトの力です。
大阪桐蔭がなぜ強いのか?乃木坂がなぜ売れたのか?に似ていて(※諸説あり)、勝負できる時間が限られている場合、個の力ほんと大事です。

あと日本人3人いれて、異文化の「かわいい」を日本から直輸入できたのはポイントです。日本女子は、あちらの国では寿司女(韓国はキムチ女)として、そもそも好感度が高いですから。

それ以外だと細かいとこで、JYPっていうのもプラスに作用してそうです。
JYPはグループ運営がうまくなく、個人で生き抜く事務所なんで、いい意味で個々の自由さが出たグループになったのかなと。
JYPでのんびりしていると、飼い殺しで旬を過ぎた頃にリリースされますからね。あ、単なる毒はきになっちゃった。

そんでまとめますと

サナがかわいい

ということです。こちらからは以上です。

おしまいける


momo111201.jpg

もっとに言うと、サナ、ツウィ、 モモって最強でしょ!なんですが、それだとミナがかわいそうなんで、全日本プロレス式に「四天王」って事にしたいと思います。四天王最高!ミナは田上ね。
2017/11/11

TWICEを考える週末(前編)「あのソシを超えそうなTWICE」

TWICEと防弾少年団はなぜ売れたのか?
先月ぐらいからこれを、ネットでこつこつ調べておりました。
というのも、なぜ売れたのか?個人的にわかっとらんのです。

半島に住んでハングル理解できて、テレビやネットみてればその理由がわかるんでしょうけど、そうではなく日本でkeitadjの情報を流し見して、たまにようつべでMV見てるぐらいだと、まったくわからんのです。

それで、日本語化された記事やら情報を調べてまして、なんとなく自分の中で消化できたので、書いてみたいと思います。

ちなみに防弾少年団がなぜ売れたのか?は全然わかってません。
というのも、当方、男のアイドルの善し悪しがまったくわからんのです。
そこを見る目も感覚もまったく鍛えられてないんです。
こればっかりは、しょうがありません。

そんでTWICEですが、どうも本国ではソシのセールス記録を超えるであろう、ここ10年のヨジャの記録を作るであろうってぐらい売れとります。
これが、びっくりぼーすきーであります。


TWICE(トゥワイス)がデビュー1年7カ月で音盤売上総数が100万枚を突破して「ミリオンセラー」に浮上した。
TWICEの所属事務所JYPエンターテインメントは23日、「TWICEが1stミニアルバムで約12万枚、2ndミニアルバムで約21万枚、3rdミニアルバムで約38万枚、スペシャルアルバムで約28万枚、4thミニアルバムで約25万枚(出庫量/ガオンチャート基準)で合計124万枚の販売枚数を記録し、デビュー1年7カ月で音盤販売量が100万枚を突破した」と明らかにした。

K-POP界では、通常、ガールズグループはボーイズグループに比べて音盤販売で相対的に劣勢だが、TWICEはデビュー1年7カ月でミリオンセラーを記録したことで、“記録製造機”TWICEの威力を改めて実感させている。

TWICEは曲を発表するたびにオンライン音源チャートの首位はもちろん、音盤販売量でもガールズグループのうちで最高の成績を記録している。それだけにとどまらず、動画サイトのYouTube(ユーチューブ)でもデビュー後4曲連続1億ビュー突破というK-POP初の新記録を打ち立て、音盤・音源・YouTubeの3分野で次々と記録を塗り替えている。

2017年05月24日09時15分 [中央日報日本語版]



TWICEが、今最も売れてるヨジャドルなのは間違いなく、しかも他に圧倒的な差をつけて、記録をつくるぐらい売れとるようなんです。

TWICEは今年日本デビューをしましたが、日本アルバムはすでに20万枚を超えて売れております。
昨年日本で一番売れたKポアルバムが、BIGBANGの「MADE SERIES」で推定20万枚らしいですから、大したもんです。
あーソシKARAに続く子達がようやく現れたか!と、TWICEは本国でも日本でも歴史に名を残すアイドルになりました。

そんで、まあ面白くないのが、ソシペンですよ。
だって、ソシは「圧倒的なクオリティ」で売れたわけじゃないですか。
ダンスもボーカルも、スーパーハイクオリティなアイドルだったわけです。

その記録を抜くかもしれないドルが現れたと、そんでソシペンのフィルターを通してみると、ダンスのクオリティはソシを超えていない、歌のクオリティもソシを超えていない、見た目もソシを超えていないような(審議中)…なんじゃこりゃ?意味わからん。となるわけですよ。
この気持ちは、すんごいわかります。
かくいうわたしも、ソシすげえ!からKポに入ったものなので、なかなかTWICEを理解できませんでした。

でも、実はここにTWICEが売れた要因が隠されております。

つづく
>>全米が泣いたまさかの後編


sana111101.jpg

サナは日本でデビューしていたら売れたんだろうか?とたまに考える。
素材型のドルなので、見事韓国で花開いたとみるのが正しいかもしれない。
素材型じゃなくて、即戦力型のドルなんておるんか?と聞かれたら困るんだけど。
2017/10/24

TWICEは日本で売れるのか?

選挙というのは、ほんと予測が難しいモノですが、ヨジャKポドルの日本での活躍というのも、実に予測が難しいモノでございます。

現在「One More Time」という曲が、わたしのyoutubeで絶賛おすすめをされておりますので、どうやらTWICEさん達が、日本で活動しているようです。
それで、TWICEが今後日本で売れるのか、考えてみたいと思います。
といっても、まったくわからないので、こういう時は、難しい言葉でそれっぽく考えてみたいと思います。

そんで今回、参考にするにが「キャズム理論」です。いわゆるマーケット用語です。
素人なりに解釈して説明しますと、ハイテク系のモノが、一般に浸透し、普及する過程には、序盤に大きな溝があるという、市場理論であります。

これは図でみるとわかりやすいので、載せますと

img102401.jpg
引用元:プレジデントオンライン > なぜiPhoneは日本で主流にならないのか【1】
http://president.jp/articles/-/3739



これは、2009年10月号の「なぜiPhoneは日本で主流にならないのか【1】」という記事で使われた図です。

現在、日本のスマホの半分以上はiPhoneで、世界的にみても、日本で飛び抜けて大成功しているiPhoneでさえ、つい数年前は、このキャズムという大きな溝を経験し苦戦していたことがわかります。

その後iPhoneは見事この溝を乗り越え、大売れしたわけですが、このキャズムという「底なし沼」にはまり、そのまま消えていったモノも数多くあるわけです。

そんでもって、話しをヨジャKポドルに戻しますと、
ヨジャKポドルは、数年前のKARAソシの活躍により、Kポペン市場においては大いに盛り上がりましたが、日本の音楽のメイン市場への進出は、もう一歩な状況であります。

現状は、KARAソシも実質日本での活動を終え、それこそ「キャズム」という「底なし沼」の上に、ちょうどいる状態かもしれません。

この状況を打ち破れれば、見事に、KARAソシ越え&日本のメイン市場での成功が叶姉妹なんですが、はたしてどうなりますでしょうか。
TWICE側も、それを踏まえ、日本人3人を加えた中国サッカーの広州恒大のような大物助っ人方式でポゼッション取りにきている状況なので、しばらくTWICEの活動は注目です。
見方によっては、キャズムを既に終え、今はメイン市場に浸透中だと捉えることもできます。

そうなるとTWICEは、ほんと大きく売れるかもしれまへんで!
まあ、そのまま沈む可能性もあり、いやなんでもありません。

とかいっといて、TWICEじゃなくて、大外からのブラックピンクが売れたりして。
今年の高校野球の、選手入場行進曲は「ボンバイヤ」に決まりました!とか。←歩きづらいわ

bona1024.jpg

この写真は、宇宙少女のボナ
宇宙少女に、こんな子いるの気付かなかった。

意外と、宇宙少女が売れたりして!
と、どこが売れても売れなくてもいいように、すべてに一言いっておきます。
2017/10/07

TWICEのTT日本語版はすごく良い

いまさらなんですけど、
TWICEのTT日本語版はすごく良いです。

前から、TWICEの曲を街中だったり、店内の有線だったり、職場の音楽だったりで、たまたま聴いた時、「あがる~」って感覚があって、まあ気にはなっていたのです。
何があがるのか?は、おのおの想像にお任せするとして。

知ってる曲だし、メンボがかわいいから、「あがる~」かなと思ってたんだけど、そうじゃない事に、最近ようやく気付きました。

TWICEのTT日本語版はかなり良いです。
KARAのミスター「友達以上恋人未満~♪」に匹敵する、成功歌詞じゃないでしょうか。

ソシみたいに原曲はいいのに、日本語歌詞がいまいちだと、ほんと全然あがらないんですよねえ。(諸説あり)

もうこなったら、TWICEのメンボ全員覚えちゃおうかな!という気にもなるのですが、まあここだけの話、あそこは、ACLに出る中国のサッカーチームみたいなもんで、ほんと外人助っ人が強力すぎて、助っ人以外でちょっと気になるのは、チェヨンぐらいなんですが、そのチェヨンという名前が、個人的には相当覚えづらく、しかも全然歌わねえと、きたもn(以下略)

文章がぐだついてますが、要するに、メンボ覚えようという気持ちはあるんですが、人間は思っても行動しないのが8割みたいなやつです。多少行動しないぐらいが、人としての味があっていいんです(自己暗示)

ちなみに一番好きなのは

気づかない振り やめて やめて♪

の部分で
原曲の「ノムヘ ノムヘ」の音感を生かした歌詞だと思うのですが、アイドルが歌う日本語歌詞としては、絶妙に気になるフレーズになっていて、こういうとこが、異文化混入によるアイドル歌詞の、アウ、アウ、アウフヘーベンなんじゃまいかと。

momo1007.jpg

モモの80年代アイドルテイストは、マジであがる
2017/09/12

TWICEと、この先のドルの方向性

まあ今年も色々ありましたが
今年一番の大きな話題は、TWICEのイルデで間違いないと思う
今日この頃であります。

TT日本語版、いい曲ですね。
あれを街のどこかで聞くと、うれしくなります。
そんな曲、スキャットマン ジョン以来じゃないでしょうか(※個人の感想です)

TWICEは、ほぼKポ女子の現在形の進行形の完成形で間違いない系でしょうね。
それに続くのが、レドベル、カウベル、河口湖ショッピングセンターベルといったとこで。

それで、最近のKポのニーズといいますか、取り巻く環境に変化を感じるようになりました。
5年ほど前って、ドルは、楽曲やダンスが売り物で、それをようつべで発信して、ファンがSNS拡散や、ファンカムで支える。みたいなのがあったと思うのですが、それが、ちょっと変わってきたなーと。
ドルに求められる要素が、楽曲やダンスといったベクトルから、話題性や流行の発信力に、風向きが変わってきた気がします。
ダンスのクオリティは、それほど問われなかったりするのかなあ。

まあこういうのも、流行りすたりありますから。

ポイントになりそうなのが、同世代への影響力なんすかね。
歌やダンスがうまくても、ダサいとこはダメなんですよ。これから先は。

そもそも顔に愛嬌があって、私服がおしゃれで
インスタ映えしてるドルじゃないとダメなんですよ。
そのうちインスタの生配信に強い「国民のインスタの妹」みたいな子も出てくるかも←わかりづらいわ

同世代の若い子がモテるために参考になる、影響力を持つドルが、これからは重宝されていくような。
インフルエンサーですよ、インフルエンサー。
秋元康の言う事聞いてれば、間違いないんですよ。きっと。

ということで、TWICEを超えるには
あれを凌ぐかわいさ&しゃれおつなドルを集めないといけないんで、
大阪桐蔭ばりの、スカウト力が必要になってくると思いますよ。

大阪桐蔭なんて、中学時代に日本代表になったやつ何人いると(以下略)

asahina0912.jpg

まったく関係ないけど朝比奈彩

注)この記事は、たまたま日本のインフルエンサーに関するネット記事を読んだ後に書かれたため、残念ながら、おじさんそれなりに流されてます。
2017/07/01

TWICEがMステ登場

最近は、将棋の藤井くんか、テレ朝のナスDかって感じですが、
ここにきてTWICEっすよ。
Mステ出たり、日本の情報番組で取り上げられたりしております。

個人的には、あまりにも売れ過ぎちゃってるので、手の届かない所過ぎて、若干興味薄ではあります。
じゃあ、売れてないと、手が届くのか?と聞かれると、まったく手が届きません。
それなら手の届きそうなところには、誰がいるのか?とよくよく考えてみると、
そもそも誰もいない。
皆無。
という、おじさんの現実を痛感してしまう今日この頃であります。

TWICEのイルデは、日本人メンボがいることもあり
また、曲も「TT」だったりで
非常に親しみのわく感じのイルデになっており、
KARAみたいに、日本で愛されるグループになるやもしれません。
サナの大阪弁もええですわー。

KARA時代と違う点といえば、日本も乃木坂や欅坂やらの登場で
アイドル界に美少女が多いってのと、
日韓関係が完全に冷え切っているご時世だということでしょうか。
高校生ぐらいの若い男子が、TWICEをどう思うのか?ってのは興味深いところです。


170630 NHK News Shibu5 TWICE Cut (NHK総合 ニュース シブ5時 TWICE Cut)

衣装が少々ダサい気がしますが、戦略上いろいろあるんでしょう(たぶん)
2017/02/25

TWICEの進化

ご近所さんが、あーだこーだ言ってたから
TWICEの新曲ようやく観てみたけど、こりゃ完全に進化だわ。


[TWICE - Knock Knock] Comeback Stage | M COUNTDOWN 170223 EP.512

いわゆるアイドルの「かわいさ」の表現は、日本の専売特許みたいなとこだと思うんだけど、日本はその「かわいさ」がもう何周もしちゃってて、その度により複雑化したり、多様化していってるもんだから、ベタな「かわいさ」は目新しくなく、ともすれば、やややりづらいような気がするんだけど、その部分を、これまで少しづつ少しづつトライしてきて、ようやく嘘くさくないレベルまで上げてきた「韓流かわいさ」が、一気にブレイクして、中央突破で攻めに転じた気がしますわ。以上、わたしの中では長文でしたわ奥さま。
TWICEの外人助っ人、優秀すぎるわ。
赤鬼ボブホーナー級やーん
ミヤーンやーん←言いたいだけ

これまでアイドルに興味がなかった保守的な大衆層を一気に巻き込む可能性はあるね。
他のドルも追随すんのかなー。

Kポヨジャの最後の大花火はTWICEがあげるのだろうか。
それともまだ、この戦いが数年の続くのか、そしてヨチンが(以下略)

twice0225.jpg
2017/02/19

TWICEは少女時代の夢を見るか?

TWICEは日本で売れるのか?って話なんですけど。

ソシ以降、群雄割拠の続いたKポ女子ですが、
どうも、世界への挑戦権をまずGETしたのは、TWICEのようで
今年になり、TWICEが日本に来るぞ!来るぞ!的な動きが続いております。
久々の超大型案件ということで、これまでKポ女子で滑り続けてきた市場関係者も、注目していると思うのですが、果たしてTWICEはソシKARA以降久々の成功を収めることはできるのでしょうか?

結論から先に言うと、全くわかりません。以上です。閉店ガラガラ。

というのも、日本のKポ市場において、我々おじさんは、マーケットの外にいる少数派でして、大型案件においては、これまでも、大して影響のない層として、まあまあ無視されております。
ドームやアリーナで稼ごうと思ってるクラスにとっては、おじさんがどう思うかなんて、まったく関係ないんですよ。

あちらのメインのお客様は
韓流おばさま、いまいち年齢不詳のおねえさま、同世代のJKやJDといった、広義の韓流ペンです。
韓流ペンも細分化すると、韓流ドラマ派、SMエンタ派、BIGBANG派、あとは諸派。
諸派っつうても、えらい多いんですが。
だいたいここらへんを核にして、あとは浮動票集め的なアプローチが、これまでの女子グループの狙いどころでした。

2013年に3年目のエーピンが、パシフィコ横浜でB1A4とライブやって、翌年の日本デビューなんてのも、すじがよろしいんじゃないかってお話ですよ。

じゃあ、TWICEは、韓流のおばねえJDJKにウケるのか?
ここが謎ですよね。

ソシの成功は、わかるんです。
当時の日本のアイドルシーンからしても、ダンスやビジュアル面で一歩抜けてて、なにより目新しさがありました。
SMエンタの土壌はあるし、吉本の芸人さんたちも、推してくれたし、
ドルとしてのレベルの高さ、プラスアルファで売るぞ体制が盤石でした。

TWICEは、どうなんでしょうね。
ソシKARA以降、Kポ女子で、日本で売れてるとこないですからね。
それこそKARAのように、韓流ペンの外の層に売れたら、大成功だと思うのですが
ここは、KARA以降どこも成功してない部分です。
キーとなるのは、日本人3人でしょうか。
いずれにせよ、TWICEが日本をどう攻略しようとするのか?
今年非常に興味深いところです。
毎週ゴッドタンに出れば売れるような気がします。あっうそです。ごめんなさい。

twice021901.jpg
161126 TWICE ミニファンミ